読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワークショップ原稿 初期バージョン

話し言葉で原稿を書き上げたら、今度はそれを繰り返し声に出して

読み込んでいきます。

 

何回も練習して、いざ、お客様の前で。

 

緊張で心臓はバクバク。おまけにあんなに練習した原稿も、どこを追っているのか

わからなくなる始末。

 

そう、一字一句間違えないように読もうとすると、字は細かいし、間違えたら

立て直しが大変。

 

対人という状況で、初期の頃の私はイレギュラーに対応できない・・・

緊張と冷や汗で「もう嫌だ( ノД`)…」と思いました。

 

でも、仕事なので逃げるわけにもいかず・・・

ならば。細かい文章は横へ置き、大事なところは忘れてしまっても

大丈夫なように「パネル」にしてみようと思い立ったわけです。

 

パネルを使うまでの流れは原稿通りにいかなくても、

大幅にずれなければOKと、自分の中でのハードルを少し下げました。

 

大事なところはパネルに書いたのを読み上げれば間違えないし・・・と、

要点をパネルにしたのです。