基本は最初に伝える。

ワークショップの流れを考える時に。

 

一番基本となること、知っておいてほしいことは、出来る限り最初の方に伝えるようにしています。

 

その方がお客様にとって他の内容がスムーズに入ると思うから。

 

開始して、中だるみの時間で伝えてもあまり効果が無いように思います。

 

なので、例えば座学と実技セットのワークショップだとしたら。

先に座学(講義)で下地となる知識を伝えておいて、その上で実技を行う。

 

そんな流れにすることが多いです。

 

これは主催者側の要望により逆転することもありますが。