沁みる曲。

久しぶりに友人たちで集まった。

12月なだけに、忘年会のような感じでそれぞれの近況報告をする。

 

1年で環境がいろいろ変わった(変えた)友人と、

それに引き換え何も変わらない自分。

 

自分が何もできてないようで、また、自分を責めてしまいそうになった。

 

そんな時に、ふと、「世界に一つだけの花」を思い出す。

先週別の集まりで、友人が歌っていた曲。

 

特に心に沁みたのがこの部分。

****************************

ひとそれぞれ好みはあるけど どれもみんなきれいだね

この中で誰が一番だなんで 争うこともしないで

バケツの中誇らしげに しゃんと胸をはっている

それなのに僕ら人間は どうしてこうも比べたがる

一人一人違うのにその中で 一番になりたがる

そうさ僕らは 世界に一つだけの花

一人一人違う種を持つ その花を咲かせるためだけに

一生懸命になればいい

 

小さい花や大きな花 一つとして同じ花はないから

ナンバーワンにならなくてもいい もともと特別なオンリーワン

****************************

 

結婚も出産もしていない自分は、世の中から相当遅れをとっているように

思えて、凹むことがよくあるけれども。

 

でも、それでも、いつか、自分らしい花を咲かせられたら

そんな風に思えた。

 

誰一人として同じ道を歩くわけじゃないし、「平均」はあるかもしれないけど

「普通」なんて基準もないし。

 

自分自身を枠にはめないで、自分らしくいられるように

この曲は心にとめておきたい。

 

しかし、槇原さん、良い歌詞書くなぁ(*´ω`) 本当、沁みる。