大事なことは分けて伝える。

私はワークショップで実技の手順を伝える時、説明を詰め込まないように

心掛けています。

 

まず手順について、次にそのコツといった具合に。

 

一度の説明に手順とコツを入れ込んでも良いのですが、

意識してほしいことをできるだけ減らす。

 

私自身も要領が良い方ではないので、いっぺんに2つも3つも

覚えられません。

 

伝える側としては、一気にすべて言ってしまった方が楽なのですが。。。

でも、それだと定着率はそんなに良くない。

 

それを目の当たりにして、どうすれば同じようにできるようになるかを

考えたところ、分ければいいということに気が付きました。

 

ここまでできたら、次にここを意識してやってもらう。と順を追って。

 

そうすると、不器用な方がいたとしても少しずつ進んでいくので

すんなり飲み込みの早い人と、ゆっくり理解する人との差が

開きにくいように思います。