読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積ん読解消法

kotoです。

私は本が好きなので図書館で借りたり、本屋さんで買ったり。

次から次に気になる本が現れたときは、読むのが追いつかず、積ん読になることがたびたびあります。

図書館で借りたものは、読めずに返却したものも…あーあ…と思いながら返すのもなぁと思い、こんなことをやってみました。

タイマー(ケータイのアラーム)を用意して、読書に使う時間をまず決めます。

1時間なら1時間と決めて、積ん読してた本をひっぱり出します。

冊数を数え、時間÷冊数をして1冊に使える時間を割り出します。

そして、その時間をタイマーにセット。

スタート!と同時に目次をパラッとめくり、気になるところから読んでいきます。

アラームが鳴る前にザザッと読み終えてしまいたい!という気持ちで、結構集中して読むことができます。

アラームが鳴ったらそこで読んでいた本に付箋をしてをとじ、また次の本を開いてタイマーをスタート。

1冊の全部を読めるわけではありませんが、『全く読まずに返す、しまっておく』は、これで防げそうです。

本の断捨離するときにもこの方法は有効かもです。