ヒントが欲しいときに。

仕事の合間や、何かヒントが欲しいときに私がチェックしているサイトをご紹介します。

 

greenz.jp
https://greenz.jp/
コミュニティを立ち上げたいなど、何かを始めたい方のヒントになるようなサイトです。私はこのサイトを見て具体的に何かをするには至ってませんが…それでも、世の中、いろんなことを考える人が居るもんだなぁなんて、ぽやーっと見ていても何か得るものがある感じがします。

 

☆シゴタノ
https://cyblog.jp/
これは仕事で行き詰まった時や、何かヒントが欲しいときなどに見ています。
スケジュール管理や、オススメのビジネス書籍など、仕事に役立つ情報が得られます。

 

☆All about
https://allabout.co.jp/
何か知りたいことが出てきたときに、よく見ています。私が大好きな雑貨やコーヒーに関する情報はオールアバウトの専門家のページをチェックしてました。幅広く、いろんなジャンルの専門家がいるので、お金のことからダイエット、恋愛など…何か知りたいことがある方にオススメです。

 

☆JDN
https://www.japandesign.ne.jp/
デザイン系のイベントをチェックしたいときなどに見ています。
一時期、転職活動してた時には求人情報などもチェックしていました。

 

☆hakoniwa
http://www.haconiwa-mag.com/
週末にお出掛けしたい…何か面白いもの無いかな…そんな時に見ています。
女子向けかもです。結構好きなページです。

 

☆STUDY HACKER
http://studyhacker.net
仕事の進め方、モチベーションの保ち方など何か仕事上のヒントが欲しいときに見ています。

 

☆antenna
https://antenna.jp/
暮らしや、お出掛けなどカテゴリー別に知りたい情報が載っているので、暇潰しがてら見てることが多いです。
ネットサーフィンしちゃいがち、私にとって気になる情報が結構あります。

 

以上⭐

また何か面白そうなのを見つけたらお知らせしたいと思います(*´ω`*)

私の定番が…なんてこった!!

なんてこった!!

 

私が愛用していたリップクリーム、気付いたら販売終了になっているではないの!

 

そのリップクリームは、コレ。


f:id:yururitanoshimou:20171117211251j:image

箸方化粧品のリップクリーム。

 

そもそも、このリップクリームとの出会いは…箸方化粧品の『じぇる』というのを、あるブログで知り、注文してみたら、箱の中にオマケとして入っており。

 

試しに使ってみたら唇が、荒れない。
♪(´ε`*)フッフー

 

それまで皮がむけたり、ガビガビになったりいろいろしていたけれど、これを使い初めてから、見事に荒れなくなった。

 

ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノ ワーイ

 

私と同じく唇が荒れがちだった母に1本あげたら母もはまり、まとめ買いするように。

 

出張ついでに買って帰ろうと思ってホームページをチェックしてたら『販売終了。これにかわる商品も…』みたいなお知らせが…

 

ちーーーん ゚ ゚ ( Д  )

 

会社の人にもオススメしたばかりなのにぃぃ…。・゜゜(ノД`)

 

母がまとめ買いしてたリップクリームのお裾分けでなんとかしのいでるけれど、これが無くなったなら、これからの冬をどう過ごせば良いのだ??

 

これから、リップ難民ではないか…


どうすんだ、私。

 

何とか復活してほしいなぁ。


だって、冬はこれからなんだもの…

 

ワクワクに従うと…

先日、社内プロジェクトの御披露目としてイベントに出展してきました。

 

ブースのアイデア、来場者に渡すリーフレット、商品のパッケージ等々…今回は私が提案したアイデアをメンバーが面白がって採用してくれ、それを初めて一般の方々に見てもらう機会となりました。

 

リーフレットはただのペラ1枚だと貰ってゴミ箱にいく確率が高いので、すぐに捨てられないための仕掛けを考えたのですが。

 

これが、『斬新!』『これは捨てられないし、開けたくなりますね』という狙い通りの感想を頂くことができて、初めての展示会にしてはなかなかの反応でした。

 

これらのアイデアを思い付いた時は最高にワクワクして、メンバーに伝えるために1人黙々とサンプルを作る時間もまた楽しく。

 

発表したときのメンバーの『ニヤリ(* ̄ー ̄)』な表情がまた嬉しく。

 

よっしゃー!!と心の中でガッツポーズでした。

 

やっぱり、企画って楽しい!

心からのワクワクに従って動けば、良い結果が待っている…ということを今回身をもって体験したのでした。

 

もっと、もっと、楽しもう♪

服のコーディネートがサクッと決まる方法。

忙しい朝、服のコーディネートがイマイチ決まらず、取っ替え引っ替えギリギリまで粘って、バタバタ家を出る…

そんなこと、誰しもあるのではないでしょうか?

 

そんな時のために、『つくおきご飯』ならぬ、『つくおきコーデ』をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

用意するものは、ノートと少し大きめの付箋紙。

 

私がよくやるのは、雑誌などで気になったコーディネートの中から、自分の手持ちの服と照らし合わせて、できそうなコーディネートを付箋紙に書き出すというもの。

 

例えば…
・紺色のシャツ
・黒のタイトスカート
・黒のパンプス
・白系のバッグ
というように、コーディネートを書いてゆきます。

 

付箋紙1枚につき、1つのコーディネートを。

 

『ON』
『OFF』
『雨の日』
など、シーン別にページを分けて付箋を貼っておくと後から見直す時に便利です。

 

これを暇な時にしておけば、忙しい朝でもコーディネートに悩む時間を短縮できます。

 

1日過ごしてみて、良い気分で居られたコーディネートなどをメモっておいても良いかもしれません。

 

『これはもう気分じゃないな』

『これ、処分しちゃったからコーディネートが成立しなくなったな』

 

なんて思ったら、その付箋紙だけ剥がして処分できます。

 

 

『つくおきコーデノート』を作るまでは、前日に天気予報を見て、コーディネートをあーでもない、こーでもないと考えて…眠いとき、忙しいときはそんな時間もとれず、朝になって焦る…という感じでしたが。

 

作ってからは、前日眠くても『明日はこれにしよっ』と、サクッと決められるので割りと活用してます。

 

若干作るのが手間にはなりますが、後が楽チン。

 

雑誌のコーディネート完コピとまではいかなくても、似たようなコーディネートは作れたりするので、『んー…なんだかイマイチ』なコーディネートになってしまう率も低いですよ。

 

『お♪』と思った方はお試しあれ、です。

 

ここまで読んで下さり、有難うございました♪
(*´ω`*)

月イチのアレの日に薬を飲む前にできること。

今回の話は男性にはあまり関係ないコトかもしれませんが、

女性の役に立てば・・・という思いで書きます。

 

月イチの「女性の日」のお話です。

 

人により、大変さは違うと思いますが、私は半年に一度は

脂汗ダラダラで、頭がクラクラ、「お手洗いから出れない」もしくは

「寝込む」くらいヒドイ状態の時がありました。

 

講師の仕事に穴をあけるわけにはいかないので、毎回初日は

腹痛、頭痛になる前から予防として鎮痛剤のお世話になっていたほど。

 

「ありました。」と過去形で書いたのは、ある程度

軽減できるようになったから。

 

ひどくならないために、私がやってきたことをお伝えしたいと思います。

 

1.しっかり寝る

 睡眠不足の後にくる「女性の日」は必ずと言っていいほど

 トイレに籠って、ひたすら脂汗と、痛みと戦っていました。

 

 なので、毎日早く寝るのは無理でも、女性の日の前1週間くらいはとにかく

 しっかり睡眠をとる。

 これだけで具合が悪くなる率が低くなりました。

 

2.生理用品を見直す

 これはもう、いろいろ試してみました。

 

 とにかく、下着を汚したくなかったので、見直すまでは

 「吸収力のあるもの」が私の中での優先度を占めていたのですが・・・

 

 吸収力のあるものの中には、女性の体を冷やしてしまうものも多いというような

 情報を目にして、変えてみることに。

 

 まず、試したのが布ナプキン

 

 確かに、身体が冷えにくくなったのは良いのですが、

 替えた後のものを持ち歩かなければいけないことと

 ナプキンを浸け置き洗いをしなければいけない手間が私には

 しっくりこず・・・数か月試したものの、断念。

 

 今は、オーガニックコットンの使い捨てナプキンを使用しています。

 

 これが、結構良いです。

 私が気に入っているのはコチラ↓

 ナチュラムーン公式

 

 ドラッグストアではなく、オーガニックコスメを扱っているような

 ところにしか置いていないのと、若干割高なのが気になりますが、

 何よりも快適!そして、ドラッグストアで見かけるものよりも、

 身体が冷えにくいです。(そう感じない方もいるかもしれませんが)

 

 同時に、特有のニオイ問題も少し軽減されたように思います。

 

 私と同じように布ナプを断念した方、試してみてはいかがでしょうか。

 

3.身体を冷やさない

 コーヒーをいつもより控える、下着の上からスパッツ的なのを履く(夏でも)、

 それでも冷える場合はお腹と腰に貼るカイロを装着。

 

 これ、結構効きます。

 

 私の場合、冷え⇒痛みにつながりやすいので、とにかく、身体をあたためると

 だいぶ、辛い症状は軽減できます。

 

4.できるだけ薬は飲まない

 ホイホイ、鎮痛剤を飲んでいた私が言うのもなんですが・・・

 

 鎮痛剤を使う頻度が高いと、どうしても身体が薬に慣れてしまいます。

 慣れると、なかなか薬が効きずらくなります。

 

 なのでどうしてもガマンできない時以外は、飲まないことにしました。

 

 初めは具合悪くなるのが嫌でお守りがわりに薬を持ち歩いていましたが、

 よく寝る、あたためるなどしていたら、ほとんど飲まないでも

 大丈夫になりました。なので、持ち歩くこともしてません。

 

 今、私が鎮痛剤を使用するのは年に1回あるかないかくらいです。

 普段使わない分、いざという時の効き目がスゴイ。

 

 常用していた時よりも少ない量で効くようになりました。

 

5.ジャンキーなものは控える

 女性の日の前はジャンキーなものが食べたくなったりすることもあるのですが。

 

 ファストフードやコンビニごはんなどを控えるようにしていたら

 具合が悪くなることも少なくなったように思いますし、肌荒れも

 しにくくなったように思います。

 

女性の日はただでさえ、身体がだるかったり、眠かったりします。

 

なので、とにかく、無理はしないこと。

これは心掛けるようにしています。

 

もし、これを読んで下さった方で「女性の日」が辛い方が居たなら

何か一つでも参考になれば幸いです。

 

他にも何か対策があればお伝えしたいと思います。

少しでも、「女性の日」を快適に過ごせますように☆

気になるブログと、目標。

久しぶりの更新です。

 

面白いブログを見つけたので、備忘録としてここに残しておきます。

 

今日はヒトデ祭りだぞ!

 

はてなブログのトップページか何かで見かけて、試しに読んでみたら

ブログに関して今、私が気になっている内容が満載。

 

「ブログで稼ぐ」に関しては、私は知識ゼロで、そんなことができるのか・・・?!

「?」しかない状態ですが、まずは読んでくれる人を増やしたい。

 

それが出来るようになったら、収益化もできるようになりたい。

 

そんなことを思っているので、少しずつ、できることをやってみたいと

思います。

 

冒頭で紹介したブログに書いてあって目からウロコだったのは、

「ブログに書く内容は絞らなくてよし」

ということ。

 

今までワークショップ関連のことをメインに書いてきましたが

それ以外にも思いついたとき、書きたくなったとき、

書いてゆこうと思います。

 

多分、更新が滞っていたのは「ワークショップ関連」と

テーマを絞ってしまっていたから。

 

そうなると、書けることが限られるし、似たようなことを書きそう・・・

と思うと手が止まってしまうループに入っていたから。

 

まずは、テーマを絞らずに、楽しんで書けることを書き、続けること。

やってみます。

 

 

私の勝ちパターンがわかったかも?!

昨日も、社内プロジェクトのミーティングがありました。

 

またもや、ギリギリでのアイデア出し。

 

…でも、これがまた通りました♪

 

これまでにも結構私のアイデアが採用されてるのですが、今までのことを思い返して私の勝ちパターンが何となく見えてきたように思います。

 

『ある、イメージがわいたらできる限りその実物に近いサンプルを作る。』

 

これです。

 

私は絵があまり得意ではないので、絵で表現することは捨てて、かわりに自分が思い描いたイメージに近い画像を検索しまくります。

 

そして、画像をいくつか並べつつ、サンプルを作っていきます。

 

紙で表現することが多いのですが、手作業は割と得意。作っている間は頭を空っぽにして没頭できるので、好きな時間です。

 

今まで通ってるアイデアは、思い付いた瞬間と、サンプル作ってる時、サンプルが完成したとき、ワクワクでいっぱいになります。

 

途中でビミョーかも…とか、詰めきれてないものは、即『イイネ』とはなってなかったように思いますし、自分の気持ちが『早く皆に見せたい』『作ってて楽しい』とはなりません。

 

書面でズラズラ文章を書いて、イラストつけてもいーんでしょうが、『サンプルを見せる』ことは私が思い描いた『イメージが伝わりやすい』、そして、『そのアイデアが良いか悪いか』の判断がつけやすい。

 

だから、採用率が高いのだと思っています。

 

…というか、他にアイデアを出す人がいないから採用される率も高いっていうだけかもしれないのですが。

 

ま、それはそれ。