川越は美味しいパンの街 続編

昨日の投稿の続編です。

早速、乃が美の生食パン、頂きました♪

 

乃が美

 http://nogaminopan.com/shop/kawagoe/

 

生だし、早く食べないと!と少し焦り気味で食パンを取り出すと…紙袋に一緒に入っていた説明書きが。

 

『1日置くと生地がしっとりして…』的なことが書いてあり、ホッ。

 

まな板に食パンをのせて…

生だからといってヤワヤワではなく、結構しっかりしてます。(包丁をあたためてから)カットしてみると…

ひっかかりもなく、すんなり気持ちよく切れます。

 

『パサッ』とか『ガサガサ』感が全くない。

 

とりあえず、4枚切りにしてトーストに。

 

じゃん!!


f:id:yururitanoshimou:20180123103321j:image

 まずは何もつけずに。

 

しっとり。そして、良い香りはするけれど芳醇って感じよりもあっさり。

 

何かサンドしても、のっけても良さそう。

 

他の具の邪魔はせず、しかし食パン自体の美味しさも十分伝わる、良い感じのバランスになりそうです。

 

私は美味しいので何もつけず、このまま完食!

( *´艸`)

 

私が好きなPASCOの超熟に近い感じかもです。

 

本当にしっとり。

また近くに行くことがあれば、今度は普通サイズを、贅沢に厚切りして食べたいです。

 

 

川越は美味しいパンの街

お休みに、川越まで行って来ました。

 

川越というと『菓子屋横丁』『芋』『川越氷川神社』のイメージでしたが、今回新たに『美味しいパンの街』というイメージが追加されました。

 

1つめ。

バニトイベーグル

http://www.vanitoy.com/

 

このベーグルやさんを知ったのはもうかれこれ5年以上前だと思うのですが…手創り市というのに出店されていて、ベーグル好きとしては素通りできず、いくつか買って帰りました。

 

手創り市

 http://www.tezukuriichi.com/home.html

 

ベーグルやさんはいろいろありますが、私の中でバニトイベーグルのベーグルは『ジュノエスクベーグル』のように目がつまっていて、重量感がある私好みの味です。

 

今回は川越のお店でちょっぴりお得なセット(好きなのを4つ選んで500円台だったかと。)があったので、こちらに決めました。

 


f:id:yururitanoshimou:20180122131850j:image

 

かぼちゃ、明太子、くるみ、紅茶の4種類。

…なぜか写真が横に寝てる(-_-).。oO

 

今回買った中で一番のお気に入りは…明太子!

中に明太子(クリームチーズも混ぜてある?)がたっぷり入っていて、モチモチしていて…明太もちチーズを食べているかのよう。

( *´艸`)♡

 

これはまたきっと買ってしまうと思います。

 

2つめ。


f:id:yururitanoshimou:20180122132154j:image

カフェでイートインしたのですが。

お向かいにパン屋さんがありました。

 

樂樂

 https://tabelog.com/saitama/A1103/A110303/11042870/

 

友人によるとここは『みそぱん』が有名らしいですが。みそぱんを差し置いて、サンドイッチ♪

 

これ、アタリでした。

サーモンのサンドイッチなのですが、食パンがなんと、『ほうれん草味』なんです♪

 

ヘルシー♡

 

しかも、ふわっとほうれん草じゃなくて、ガチです。濃いんです。

 

多分、ほうれん草の含有量多いと思います。

 

サーモンのちょうどいい塩気と、スプラウトもいて、栄養バランス的にも良さそうです。

これも、気に入ったので、また行ってしまうと思います。

 

このお店、パンだけでなくてコーヒーも美味しかったです。

 

オーガニックのコーヒーなのですが、薫りたかくてお砂糖&ミルクなしでぐびぐび飲みたい。

そんな感じでした。

 

そして、3つめ。

じゃん!!


f:id:yururitanoshimou:20180122132938j:image

…またもや写真が横に(-_-).。oO

 

まだ味はわからんのですが…これも樂樂のみそぱんを教えてくれた友人から『行ってみたいんだけど…』と言われ、着いていって知った生食パンのお店。

 

まだ頂いてないので『生って何?』状態でしたが。

 

人気のパン屋さんらしく、5~6袋、フツーに紙袋提げていく方が多い。

 

私はお初なのでハーフ(1斤)にしときましたが。

店内はものすごくパンの良い香りが漂っていたので、間違いないと踏んでいます。

 

頂いたら感想アップしたいと思います。

 

3つしか巡ってませんが、まだまだ美味しいパン屋さんがありそうです。

 

いつか追加レポしたいと思います。

ディズニーランドより楽しい?!

 お休みに姪っこたちとお出かけしてきました。

 

その場所とは…

キッザニア東京

http://www.kidzania.jp/tokyo/sp.html

 

 ここでは、消防士さん、モデル、ガソリンスタンドの店員など様々な職業体験ができます。

(子どものみ。一部、大人も一緒にできるのもあるらしいです。)

 

結婚も、出産も未経験の私には興味はあっても縁のない場所でしたが、ここ、子どもだったらある意味ディズニーランドより楽しいテーマパークだと思います。

 

どんなところにそう感じたのか…書いてみたいと思います。

 

1.なりきれる

職業ごとにユニフォームがあり、それに着替えてお仕事をします。

形から入るって結構大事で、それだけで子どもたちの気持ちはお仕事モードになります。

見ている大人たちの目にも楽しいし、可愛らしい。

ここでの主役は子どもたち。大人はスマホ片手に撮影隊に徹します。

 

2.お金が稼げる

お仕事をすると、その内容に応じて『キッゾ』というキッザニア内で使える通貨がもらえます。稼いだお金でお買い物もできるし、キッザニア内の銀行で口座を作れば貯金もできます。次回または他のキッザニアでそれを使うことができるようです。

 

3.お仕事の一部を体験できる

1つのブースでだいたい30分程度。

その時間内でできることは限られますが、例えばピザやさんであれば、手を洗って身支度するところから。

ピザ生地をのばして、穴をあけて、トッピングして…焼き上がったら箱詰めまで。

ほぼ全工程!

小さい子でもスタッフさんのサポートがあるので、遊びではなく、軽くアルバイト感覚です。

 

4.持ち帰れる

ピザや、お惣菜など自分が作ったものをお持ち帰りできます。スタッフさんが体験終了前にパッケージに詰めてくれる、または自分で詰めるので、そのままお家へ持ち帰れます。

飲食物はキッザニア内の休憩スペースで食べることもできます。

 

5.街になっている

キッザニア内にはたくさんのお仕事体験ブースがあり、街のようになっています。

途中、ちびっこ消防隊や、警備員、救急車が通ったり(何か起きる率高いですね。)、リアルな世界に近いです。

 

作るものに関しては何種類かから好きな味を選べたり、貯めたお金は別のキッザニアで使えたり、1回きりじゃない工夫がされているところも楽しいですし、何よりたくさんのお仕事があり、1日では体験しきれない…

 

私が子どもの時にキッザニアがあったなら、間違いなく『また行きたい!』と言うでしょう。

 

ディズニーランドに飽きてきたら(?!)キッザニアに行ってみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、キッザニアでは大人よりも子どもの料金の方が高く設定されてます。

 

昼と夜と入れ替え制みたいなので、気になった方はホームページから予約してみては?!

年明けセールの時期ですが…

あちこちでセールをしてますね。

 

そんな時に役に立つお話を。

ご存知の方もいらっしゃるかもですが。

 

もうかれこれ5年以上前でしょうか?

 

パーソナルカラー診断を受けました。

その時は何故かウィンターと診断されたのですが、その後銀座のSHISEIDOのメイクアップレッスンを受けたときに、『スプリング』との判定が。

 

自分的にも『スプリング』の方がしっくりきています。

 

パーソナルカラーを知っておくと、服選び、コスメ選びが楽になります。時短にもなります。

 

例えばウインドーショッピングをしていて、ふらっと洋服やさんに入ったとします。

 

そこで、欲しいアイテムの中からまず自分のパーソナルカラーに当てはまるものを絞ります。

 

慣れてくるとお店をざざっと見渡して自分のパーソナルカラーのものがあるかどうか、ほんの数秒くらいでわかるので、早ければ30秒もしないうちに『次!(のお店)』と判断が下せます。

 

なので、セールの時など、ムダな体力を使わずにすみます。笑

 

服だけでなく、コスメでチーク、リップなども同じく割と少ない時間で合う、合わないがわかります。

 

私の場合、スプリングなので、コスメに入ってるラメはシルバー系よりもゴールド系の方がしっくりきます。

 

色味は青みがかったものより、赤み、もしくは黄色がかったものはだいたいいけます。

 

オレンジとか、コーラルピンクとかはピタッとはまります。

 

私自身、パーソナルカラーを知ってから、これはムダ買いだったなーと思うものがグンと減りました。

 

もちろん、本当に似合うかどうかはパーソナルカラーだけでなく、骨格診断とかも受けてみるとさらに良いのですが。

 

最近は洋服のコーディネートアドバイスやお買い物同行してくれるパーソナルスタイリストのサービスをしている方も増えてるので、お洋服に悩む方はそういうのを利用してみるのもテです。(私も利用経験ありです。)

 

手持ちのアイテムの断捨離お手伝い(ワードローブの整理)などをして下さる方もいるので、お仕事忙しくて買い物に時間を割けない方にもオススメです。

 

そこまで必要ない方も、パーソナルカラー診断は、オススメ。

 

受けてからのお買い物が楽になりますよ♪

嘘を愛する女

映画の宣伝CMで高橋一生長澤まさみが出ているのを見て気になっていたところ、本屋でこの作品を見つけて読んでみることにしました。

 

 『嘘を愛する女』

 

由加利という女性が、母親に、付き合って五年の恋人、桔平を紹介しようとする直前のところから話が始まります。

 

結局、桔平はその場に現れず、あることをきっかけに、桔平の仕事も、名前も…何もかもが嘘だということが発覚します。

 

どういう風にして二人は出会ったのか、出会う前の桔平はどんな人生を送っていたのか…

 

読み進めてゆくとだんだんと全容が見えてくる形のお話です。

 

由加利側の視点で描かれている章が多いのですが、ところどころ桔平側の立場からも描かれていて、読み進めていくごとにもっと先が知りたくなり、あっという間に読了という感じでした。

 

1/20に公開となる映画ではどういう描かれ方をしているかわかりませんが、本を読んだ限りでは面白いです。

 

ちなみに文庫版は表紙が3パターン。

高橋一生1人パターン』『長澤まさみ1人パターン』『高橋一生&長澤まさみ2人パターン』。

 

マンガ→ドラマ、映画になった作品は原作とイメージが違った!なんてことがありますが、この表紙のおかげで私の中では完全に、桔平=高橋一生、由加利=長澤まさみのイメージで読み進めたので、きっと映画を見ても違和感はない…はず。

 

 

 

続・断捨離中の変化

12月にも断捨離中の変化について書きました。

また自分に心境の変化が見られたので、書いておきます。

 

1日1つ、2つ断捨離。

気分がのれば5つくらい手放す、をユルユルと続けてきました。

 

変化が見られたのは洋服について。

 

私のワードローブは、紺、白、グレー、ベージュなどが中心。

 

決してキャリアウーマン風ではなく、『仕事に着ていけるカジュアル』つまり、オフィスカジュアルがメイン。

 

少し白っぽくなった紺色のアイテム、クタッとなってきたニットなど、着たときにテンションが上がらない…もしくはモヤモヤしてしまうものを中心に手放してきました。

 

残った服たちを見て。

 

私が選んだもの、『色』が少ないなぁと感じ、それから猛烈に『色モノ』が着たくなりました。

 

そして、フラッと立ち寄った洋服やさんで見かけたイエローのスカートが気になり、試着してそのまま購入。

 

イエローの次に、ピンクが気になっているのですが、コーディネートの中にどこか明るめの『色モノ』を取り入れただけで、鏡をみるたび、その色が視界に入るたびに気持ちが上がります。

 

普段そんなに明るめの色を着ていなかったからか、すぐに職場の仲間が気づいて『あら、その色素敵ね(*´ω`*)』と声を掛けてくれました。

 

その日1日気分が良くて1人、ウキウキしてました。

 

多分、断捨離を始める前でも同じように明るい色を着たらウキウキするでしょう。

 

でも、イマイチ服を手放し中の今、ほとんど一軍しかないワードローブと、新しい服を合わせるってこんなに心地良いんだと新鮮な嬉しさを味わい始めています。

 

服はほぼほぼモヤモヤ服を手放せたので次は靴!これはまだモヤモヤ靴があるので、それを手放したらまた心地良くなるのではと期待をしております。

 

イマイチを省くって快適!

東京カレンダーの小説が面白い

 Facebookで見かけてから、『東京カレンダー』のアプリで連載されている小説を読んでいます。

 

東京カレンダー
https://tokyo-calendar.jp/article/11539

 

いろんなお話があってお話ごとに主人公が違うのですが、1つの話でも女性サイド、男性サイド、両方から書かれていて面白いです。

 

特に『デートの答え合わせ』のお話は読んでいて勉強になります。

 

男性ってこういうところ、チェックしてるんだなーとか、女性側目線で書かれた話に『わかる!』だったり、逆に『私はそんな風には思わないけど…』なんて自分に置き換えてみたりして。

 

女子アナ、婚活適齢期の男女、キャリアウーマンなどいろんな立場の主人公がいるので、どれかにきっと共感できるところはあるし、サクッと読める長さなところも良いです。

 

一つの話が程よい間をあけて更新され、毎日別の新しい話がアップされるのでここしばらく、本を持ち歩かない日は通勤中のお供になっています。