頭の中の秘密基地を広げよう。

ある時は備忘録、アイデアを企画に繋げるための走り書きなど、日々の暮らしを楽しいこと、好きなことで満たすための素を備蓄して、何らかの形にするためのブログ。

雨の日に気になる傘の持ち方。

私には長らく気になっていることがあります。

それは、雨の日の傘の持ち方。

休みの日はまだ気持ち的な余裕があるので、平日に比べるとゆったりした気持ちで他人を眺めていられるのですが、平日の特に通勤時間帯。

満員電車に乗ることも多いので、周りの方の傘の扱いが非常に気になってしまいます。

あなたは、気になりませんか??

☆☆☆

私が気になる持ち方はこんな感じ。

1.オンザバッグ
※名前は勝手にネーミングしました。

時々サラリーマンの方でこのような持ち方の方をお見かけするのですが、私は絶対に後ろに立ちたくないです。

階段でこの方の後ろなんてもってのほか。

歩く度に先端がこちらに突き刺さるのではないか?という恐怖感たるや…(|||´Д`)

あなた、こーなってますよ!と、前に行って再現して差し上げたいくらい。

ご本人にとっては洋服濡れないし、バッグと一緒に持てて便利なのだとは思いますが、とにかく、近くに行かないようにするしかないです…

2.スイング
周りに人が沢山居るにもかかわらず、傘を前後にブラーンブラーンと振って歩く方。

これは女性にも多い持ち方です。

後ろだけでなく、前の方にとっても危険ですから!

いつか刺さる!

小さな子どもがフラフラ近寄ってきたら…?と考えると恐怖ですね( T∀T)

3.ナナメ後ろ傾け持ち
私の観察結果からすると、ビジネスマンから年配の方までこのスタイルの方は結構多いです。

おじーちゃん、おばーちゃんにも結構います。

武士の刀のような感じの持ち方。

後ろの人にいつか先端が刺さりそうで怖いなぁ…と思いながら近くに行かないようにしてます。


(ーωー)

☆☆☆


いろいろ書きましたが、で、あなたはどういう持ち方してるのさ?と言われそうなので念のために書いておくと…

『身体の少し前に出して持つ。』

今のところ、これが自分の中でベストかなぁと思っています。

片手だけ前へならえ!の手にして、手のひらをグーにして傘を持つ感じの距離感。

小さく前へならえ!くらいかな…?!

なぜこの持ち方にしているかと言うと、常に自分の視界に傘がいるので後ろの方を刺してしまう危険性も少ないですし、極力揺らさないようにして持つので前の方にも迷惑になりにくい。

傘ごときで朝っぱらから他人と揉めたりケガさせたりしたくないですから。

時々自分と同じように持って歩いている方がいて、見かけると『そうそう、そうよねー♡』と勝手に嬉しくなります。

多分上にあげた3つの持ち方は皆さん無意識にされてると思うのですが、だからこそ、誰かに刺さったりしてトラブルになったりするのは悲しいですよね。

なので、まずは自分から…と、人に刺さらないように傘を持つことを日々心がけてみています。

☆☆☆

ちなみに、『びしょびしょにならない傘の畳み方』は左手で傘の枝を持ち、右手で紐部分を持ちます。

左手をくるくる回転させ、傘を巻き取りながら、紐部分を巻き付け、とめます。

こうすると、手がびしょびしょになりにくいので畳んだあとびしょびしょの手でバッグの中のハンカチを探さなくても大丈夫♪です。

☆☆☆

今朝も東京は雨。

雨の日はどうしてもどよーん…となりがちなので、心地良く過ごせるために意識していることを書いてみました。

それでは、また(*´∀`*)ノ

自分にとっての心地よい暮らしを目指して。

はてなブロガーの方で、ミニマリストの方、結構いらっしゃいますよね。

 

いつも、その方々のブログを読んではそのライフスタイルに憧れを抱きつつ、でも、なかなかモノを減らす習慣ができず。

 

『ある時まとめて』パターンで断捨離してました。

 

でも、一気にやるのって私にとっては大変で、もっとスルーっと気合い入れずにできないか?

 

なおかつ、『どれだけ減らすことができたかの記録もしておきたい』と思い、別ブログを立ち上げました。

 

断捨離日誌

https://yururitanoshimou.hatenadiary.jp

 

ミニマリストになろう!というわけではなく、自分が心地良く居られるモノの量になるまで続けようと思って書き始めたブログです。

 

興味のある方がいらしたら読んでみて下さい。

 

そして。

 

私、それだけじゃないんです。

 

実は断捨離日誌よりも前にもうひとつ。

 

コーヒーのブログも立ち上げてました。

コーヒー好きなんです、私♪

 

こちらは、本当に気まぐれ更新(このブログの投稿頻度もそうですが。)ですが、素敵カフェ&喫茶店や、美味しいコーヒーに出会ったときの記録として書いています。

 

こちらももし、興味のある方がいらしたら読んでみて下さい。

 

美味しいコーヒーが飲みたい。

http://yururitanoshimou.hatenadiary.com

 

それぞれゆるく続けることで、自分にとっての心地よいを見つけて、深めていけたらと思っています。

 

それでは、また(*´∀`*)ノ

『したい』と思ったことをできるだけ叶えてあげると、うまくいく♪

今日は、考えすぎないうちに一歩踏み出したら、良いことがあった♪というお話です。

 

欲しいなと思っていた電化製品がありました。

そんな大層なものではないのですが。

 

とりあえず、地元の家電量販店に行って、下見。

 

ネットでチェックしていた価格よりも安かったら購入しよう!と思っていたのですが…売場ではネットの価格よりも1500円ほど高い値段で出ていました。

 

もう一件、見に行ってみよう…

 

やはり、そちらも先に見た店舗と同程度の値段。

 

しょうがない、家に戻ってネット注文しよう…と思いお店を出たとき、ふと、『気になっていたコーヒーやさんに行ってみよう!』と思い立ちました。

 

☆☆☆

 

そのコーヒーやさんは地元から4駅ほど離れた駅が最寄り。

 

お財布とPASMOは持っていたものの、私にとっては無いと不安な化粧ポーチ、ハンカチなどは持っていません。

 

地元のお店を見て帰宅するつもりだったので、その時の私は本当に軽装だったのです。

 

いつもなら『いやいや、とりあえず帰って本当に行くかどうか考えよう』と一旦帰宅して…になるのですが、なぜか、『このまま行ってしまおう!』と思い、電車に乗って、フラッとコーヒーやさんへ行ってみました。

 

前から行ってみたかった!という気持ちも手伝って(?!)コーヒーはとても美味しく感じましたし、お店でも心地良く過ごせました。

 

☆☆☆

 

コーヒーをゆっくりと味わっていたときに、また、ふと、『この駅にも家電量販店があるはず、見に行ってみよう』と思ったのです。

 

すると…

なんと、ネットでチェックしてた価格よりも300円くらい高値でしたが、地元の家電量販店よりは確実に安い!

 

思わず胸の中は

 

『キタ━(゚∀゚)━!』

 

でした♪

 

ネットで注文しても良いのですが、その後の宅配受け取りとか、カード支払いの手続きとかが自分にとっては面倒くさい!

 

しかも、商品が手元に届くのは翌日。

 

出来るだけ早く使い始めたい!

…と思っていた、私にとっては最高の流れ。

 

でも…振り返ってみると、

コーヒーと、家電。

全く関係ない。笑

 

でも、ナゼか、『ふと』に従ったら、良い流れで手にすることができました♪

 

☆☆☆

 

これって、『引き寄せ』なんじゃないかなと。

 

いつもは考えすぎて、なかなか行動にうつせずにいることが多い私。

 

時に何も考えずに行動してみることも大事!ということを思い知った出来事でした。

 

まぐれかもしれませんが。笑

 

また引き寄せ的なことがあったら、記録として書きたいと思います。

 

読んで下さり、有難うございました♪

それでは、また(*´∀`*)ノ

 

自分にワガママになろう。

だいぶ前に書いた投稿(恋愛で幸せを感じられないときほど…)の続編みたいなものですが。

 

私、小さい頃『優しい』で有名でした。笑

 

今でこそ『優しい』よりも、『笑顔』を誉めてもらえることが多いのですが、『優しい』って言われるのは私にとって嬉しい誉め言葉ではありませんでした。

 

なぜなら長女の私は、家庭内で自分の思いを殺して皆のために、勝手に気を使っていたから。

 

自分の思いよりも『こうしたら母は(父は)、こう言うだろうな…(こう思うだろうな)』というのが、判断基準。

 

両親が絶対。

 

だから、自分よりも『皆がどう思うか?』が大事でした。

 

でも、学生のときに『YESマンじゃいけない!』ってハッとした出来事がありました。

 

中学生くらいの時、『kotoさんなら絶対うんって言ってもらえるよ。聞いてみ?』と、クラスの男子が話をしていて(それがぼんやり聞こえてきてました)、実際毎回、『うん』って返事していたんですね。

 

もう、男子たちに何を聞かれて返事してたのかすら覚えていないくらい、下らないことでしたが。

 

でもある日、男子たちのやり取りを聞いていて、なぜか『うん』って言いたくない!(YESマンになりたくない!)って強烈に思った瞬間がありました。

 

で、そのときは勇気を出して『ううん?(No)』と答えました。

 

いつもと違う反応に男子たちは『あれ?(おかしいな)』って反応をしてました。

 

答えたあと、しばらく心の中がザワザワ。

 

それくらい、私は自分の意見を殺して相手に合わせるのに慣れてしまってたんです。

 

☆☆☆

 

常に自分よりも他人主体できてしまったので、自分に自信がなくて、恋愛もうまくいかないし全然楽しくありませんでした。

 

そんな私は、社会人になってからあるデザイン系の学校に入り直したとき、初めて『自分がやりたいと思うこと』に向き合え、そのときは友達からも『雰囲気変わったね』『楽しそうだね』と言われるようになりました。

(この頃少しずつ男性と話すのに慣れてきました。)

 

振り返ってみても、デザインを勉強しているとき、『自分がどうしたいか?』がはっきりしていないと課題や作品が作れなかったので、学校に通っている間は私にとって自分の『好き』、『やりたい』を大事にできた幸せな時間でした。

 

…ですが、卒業後、また時々気づいたら自分がどう思うか?よりも、他人に主権を明け渡してしまっているときがあります。

 

それは多分、恋愛にも、彼氏との関係にも出ていて、だから、今、私の中の深いところでモヤモヤが続いているのだと思います。

 

きっと、自分を他人に明け渡している間は誰と付き合っても同じ。

ずっと、自分は幸せを感じられないまま。

 

恋愛のカウンセリングやコンサルをしている方々が『まずは自分を満たせ』と言っている意味が最近やっと腑に落ちた思いです。

 

私、彼氏に対してクレクレ女になってました。苦笑

 

『いつか、結婚してくれるはず』

『結婚しようって言ってくれるはず』って。

 

それにやっと気づきました。

 

自分を大事に、自分を中心にできてない人が、人に大事にされる訳がないですね。

 

なのに、『彼女』って立場に甘えてたんだと思います。

 

今、気付けて良かったです。

 

引き寄せの本を夢中になって読んでいたときにも『まず自分を満たす』は知っていたのに、体感しないと、分からないものですね。

 

だから、しばらくは、『自分で自分を幸せにする練習』をしようと思います。

 

ワガママや自分の思いを素直に出せる人にとってはアホみたいなことかもしれないけれど、それに慣れてない私は、本当に小さなことから。

 

引き寄せの練習でよく言われる『何を食べたいか』レベルから、真剣に自分に聞いて、できる限り、それを叶えてあげたいと思います。

 

☆☆☆

 

私の学生時代の友達はほとんど結婚して、子育て真っ只中ですが、私含め今でもシングルで残っているのはほぼ『長女』。

 

長女は小さい頃から『お姉ちゃんなんだから、(弟、妹に)譲ってあげなさい』と言われて育てられた人が多いように思います。

 

だから、真ん中や末っ子に比べると、『ワガママ』を言えないで空気読んでしまうっていう人は多いのではないかな?と思っています。(長女が全員そうかと言われればそんなことないのだとは思いますが。)

 

そして、『お姉ちゃんだから、皆のために頑張らなきゃ』って頑張ってしまったりする。

 

だからこそ。

 

私のようなワガママ言い慣れてない長女タイプは、恋愛でも相手に合わせすぎてしまって全く意志を持たないように見られて損をしがち。

 

中間、末っ子によく見られる自由奔放、ワガママな子の方がさっさと結婚して、子育ても楽しんでいます。

 

私みたいなタイプは『自分がどうしたいのか?』がわからないから、相手の顔色をうかがったり、言いたいこと言えずに気を使ったり、空気を読みすぎてワガママなんて言えなかったり。

 

自分が『ない』間はうまくいかなくて当然ですね。

 

…だから、他人よりもまずは自分に主軸を戻すことから。

仕切り直したいと思います。

 

時に子どものように、自分にワガママを言って、それを叶えてあげようと思います。

 

彼氏と結婚についての話し合いをして、自分の欲しい答えをもらえなかった私は、2ヶ月くらい、モヤモヤしっぱなしで、ずっとどうすれば幸せになれるんだろう?と考えていました。

 

そして、ふと浮かんできたことを書いたら、長文に…!!

 

最後までお読み頂き有難うございました♪

 

それでは、また(*´∀`*)ノ

 

 

ツヤツヤリップを作るのにオススメコスメ。

いい感じのグロスを見つけたので、久しぶりにコスメについて書こうと思います。

 

早速ですが、そのグロスとは…

 

キャンメイク ボリュームアップレディグロス

http://www.canmake.com/lip/item_lip032.html

 

これの、ピンクの方(01)を使っています。

 

朝メイクするときにリップクリームを塗って(はしかた化粧品のリップを使ってます。残念ながら今は廃番なのです。)、会社で化粧直しするときにまず、このグロスを塗って、そのあとにOPERAのリップティントをつけています。

 

OPERA リップティント

https://www.opera-net.jp/liptint/

 

私はパーソナルカラーがスプリング、イエローベースなので05のコーラルピンクがわりと顔写り良くて気に入ってます。

 

☆☆☆

 

キャンメイクグロスは塗るとスーッとして、唇がウルウルになります。

 

このウルウル感、私が求めてたウルウル感に近くて、しかもベタベタせず、サラッとしていて、つけたての状態で鏡を見ると『よし♡』って思えます。( *´艸`)

 

自己満♡♡♡

 

口紅はあんまり好きじゃないので、リップかグロス的なのを買うことが多い私ですが、リップものっていくつあっても良いんですよね。

 

だから、お部屋にいくつもリップが…

 

ちゃんと使いきるものもあるんですけどね。

 

今日ご紹介した2つはお気に入りなので最後まで使いきるつもりです。

 

リップものお探しの方の参考になれば嬉しいです。

 

また良いもの見つけたら書きます!

 

…というか、まつ毛がやっと復活してきたのでそれについても近々書きたいと思います!

 

それではまた(*´∀`*)ノ

自分がやりたいことがわからない人が『やりたいこと』を探るために有効なキーワードとは?

キャメレオン竹田さんの新刊を読了しました。

 

『神さまの家庭訪問』

https://www.amazon.co.jp/%E7%A5%9E%E3%81%95%E3%81%BE%E3%81%AE%E5%AE%B6%E5%BA%AD%E8%A8%AA%E5%95%8F-%E3%81%82%E3%81%A3%E3%81%95%E3%82%8A%E9%96%8B%E9%81%8B%E3%81%99%E3%82%8B33%E3%81%AE%E3%81%8A%E8%A9%B1-%E7%8E%8B%E6%A7%98%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A1%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%B3%E7%AB%B9%E7%94%B0/dp/4837968708

 

いつかは読もうと思っていた『古事記』に登場する神さまたちが、開運方法を教えてくれるのですが、エピソードがざっくり分かりやすく書いてあり、文庫本なのでサクッと読むことができました。

 

もっとかたい『古事記』に関する本だったらきっと最後までたどり着けなかったと思います。

 

☆☆☆

 

本のなかで響いたところはいろいろありましたが、自分にぴったりな仕事は『ある意味お金を払ってでもやりたい』こと、というもの。

 

私は、今はある意味専門職に就いていて、今の仕事は嫌いじゃないけれど、これをずっとやりたいか?と言われたら、何となくこれじゃない気がします。

 

でも、それ以外にやりたいことはあるのか?と聞かれたら『特に…』です。

 

今の仕事を続けても良いのですが、アラフォーの私が平均寿命まで生きるとするならば、まだあと半分以上時間があるのです。

 

折り返しが迫っている今、ここから先の時間を自分らしく楽しいものにするために見直してみたい、そう思いました。

 

☆☆☆

 

自分の好きなことをやればいいというのはよく聞くことですが、それがハッキリしてればあとは行動や形にするだけ。

 

私はそれが分からないからモンモンとしてしまっているのですね。

 

そこで、先ほど書いた『お金を払ってでもやりたいこと』というのを読んだときになるほどなぁと思ったのです。

 

お金を払ってでもやりたいこと…

下らないことでも、それをきっかけに何か見つかるかもしれません。

 

例えば…子ども(赤ちゃん)に接することは、お金を払ってでもやりたいことかもしれません。

 

他は…手を動かして何かを作ること。

 

美味しいものを食べること。

雑貨屋さん巡り…

 

意外とたくさん出てきそうな気がしました。

 

☆☆☆

 

『数字使い』という講座を受けたときに、講師の方が『お誕生日を境に(私は)新しいサイクルに入るから1年かけてでも新しくやりたいこと見付けるといい』というようなことを教えてくれました。

 

『お金を払ってでもやりたいこと』というキーワードをヒントに、考えてみたいと思います。

 

自分がワクワクできる何かが見つかれば良いなぁ…

 

私と同じくモンモンしてる方にとっても、もしかしたら『お金を払ってでもやりたいこと』というキーワードは文字通り、鍵もしれませんね♪

 

それでは、また(*´∀`*)ノ

ある意味、彼氏よりも楽な存在。

会社のプロジェクトメンバーに、10個くらい下の後輩くん(Bくん)がいます。

 

私と同じように、モノづくりが好きで、好きなもの、感性も似てます。

 

だから、『これ良くない?(*´ω`*)』と思うものはだいたい一致しているし、細かく説明しなくてもわかってもらえるから、とっても楽。

 

私も本音をぶっちゃけて話すし、向こうも『私ならわかってくれる』と思っているらしく、いつもBくんと一緒に居ると時間を忘れて話し込んでしまいます。

 

☆☆☆

 

時には二人でアイデアを考えて盛り上がったりするし、お互いの彼氏彼女の話もします。

 

素で話せる&接することができるからか?二人で居るところを見た外部の方が『ご夫婦かと…』と言われたこともあるほど。

 

Bくんは忙しい時でも、空気読まずに私に話しかけてきてそのまま居座ることがあり、そんなときは私は構わず忙しいオーラを出すこともありますが…。

(前に書いたAさんほど冷たい対応はしません。)


職場の後輩だから、異性として好かれたいとかそんなことは思ってないし(なぜならBくんは若くして既婚者)、『相手にどう思われてもいいや』って思って接しているから、割りと素に近い状態でいられます。

 

『こんなことにムカついた!』とか、私は他の人にはあまり見せないのですが、喜怒哀楽がBくんの前でははっきり出てる(Bくんは、私のそんな姿を面白がって見ています。笑 そして根底にBくんはわかってくれてるという思いがある)から、Bくんにとっても居心地が良いというか、接しやすいらしいのです。

 

表向きは大丈夫!って言ってるし、そういう表現してるのに裏ではもうダメ…本当は助けてほしい…みたいなの、男性にとっては何考えてるのかわかんないし、面倒くさいって思うらしいですが、私、これやりがちだったんですよね。

好きな人に程。

 

今も出ちゃうときありますけど。

 

きっと、彼氏にもこういう風に(Bくんと居るときみたく)接すれば良いんだろうなぁ…と薄々わかっているので、少しずつ出せるように思ったことはできるだけ溜めない出す練習をしてみています。

 

まず、食べたいものとか、行きたいとことか。それを彼氏が拾ってくれるかどうかは別として、投げる練習をしてます。地味に。

 

☆☆☆

 

学生の頃は男子と話すの超苦手で、そのまま女性の職場に入ってしまった私。

 

その頃に比べると今はあり得ないくらい普通に男性と接することができてます。

(これには社会人になってから専門学校に入りなおした経験が効いてます。)

 

自分にもフランクに、話せる男性がいること、私は男性とフランクに話せないわけじゃないんだ、ということに気付かせてくれたBくんにとりあえず、感謝です。

 

彼氏ともっと心が近づくための練習?に、こういう存在って私にとっては有難いです。

 

専門学校のときのことは誰かの参考になるかも?なのでいつか、ブログに書きたいと思います。

 

今日はふと思ったことを書いてみました。

読んで下さり有難うございます。

 

それでは、また(*´∀`*)ノ