ワークショップ原稿のつくりかた。

今でもやっていることの1つが原稿作り。

・・・といっても、最初のような話し言葉ではなく、ざっくりとタイムテーブル&

内容を書いた表のようなもの。

 

私はフォーマットをコピペして使うことが多いので、PCのWordで

作成しています。

 

いきなりPC入力するのではなく、ざざっとメモにワークショップに

入れ込みたい内容を書きなぐり、それをモトにPC入力していきます。

 

手書きメモ&PCで作るのは一見面倒くさいかもしれませんが、

私の場合、いきなりPC入力し始めるとフォーマットや細かいところが

気になってなかなか先に進まなくなることがあるので、一旦手書きにして

ざっくりとボリュームを把握すると、あとはパズルのように入れたい内容を

はめこんでいくだけなので意外とスムーズに書けます。

 

手書きで完了ではなく、データにする意味としては、次に同じところから

依頼があった場合に探しやすいし、その時に何をしたのかがあたりやすい。

また、他から依頼があったときの下地作りが楽チンなので、よっぽど

持ち時間が少ないワークショップを除いてはデータ化するようにしています。

 

だいたいA4用紙1枚程度におさまるようにすることが多く、余白には

ワークショップに必要な持ち物や担当者名など、当日必要になりそうな

情報も併せて書き込んでおきます。